福島市の経営コンサルタント 社会保険労務士・中小企業診断士・経営管理修士(MBA) - わたなべ経営人事サポートオフィス(WKJサポートオフィス)

「採用」について考える

こんにちは。福島の中小企業診断士(経営コンサルタント)、社会保険労務士、わたなべ経営人事サポートオフィスの渡部誠(わたなべ まこと)です。

皆様ご無沙汰しております。仕事の忙しさにかまけて、しばらくコラムの執筆から遠ざかってしまいました。また、今月から再開していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

今日は、人の採用について、私見を述べてみたいと思います。

「人、もの、かね」と言われている経営資源の中で、人を抜きにしては会社の経営は到底成り立っていきません。生産年齢人口(15歳~64歳)が急激に減少しているという厳しい状況の中で、いかにして、優秀な人材を採用し、育成し、定着させていくことができるかが、「ゴーイングコンサーン」としての会社が長い間に渡って存続して行くための重要なポイントです。

そのためには、会社の経営者及び経営幹部の皆様方は、採用、育成、定着のためのしっかりした人事戦略を持つことが極めて重要になります。

まず、採用について言えば、人間関係で言う相思相愛の関係と同じだと思います。会社は求人活動を行い必要となる人材を募集します。一方、求職者はその会社の将来性であるとか、やりがい、賃金や労働時間などの様々な労働条件、あるいは自分の能力、適性などが会社の求人条件に合致しているかなどを見極め、検討します。そのうえで、「この会社に入りたい」という思いになった場合に応募することになります。

一方、採用は会社から見れば、業務を円滑に行い、永続的に成長・発展していくために多額のお金をかける一種の投資でありますので、誰でも良いということにはなりません。当然ながら、自社の成長・発展に貢献する人材を確保する必要があります。

まず、会社としては、どのような人材が必要なのか、求める人材像を明確化することが必要です。更に、社長の経営に対する想いや、自社の強み、他社との違い、自社での働きがいなどを求職者にホームページ、社内報、採用情報誌などのあらゆる媒体または、学校や就職説明会などの際に継続的に示していくことも重要です。そのうえで、自社に入社することがどれだけのメリットがあるかを継続的に求職者に示していく必要があります。

自社の生の状況を求職者に事前に見てもらうのが、雇用のミスマッチの解消にとっては良いのですが、それには、学生を対象としたインターンシップは有効です。ある企業では、学生にインターンシップを行い、お昼はお弁当を無償で学生に支給し、若手の従業員や社長との懇談の場を期間中数多く持ち、学生の不安を取り除いたり、就職への悩みを聞いたりしています。また、社長や若手従業員と学生との対談を写真入りで、ホームページや広報誌に載せているところもあります。そういった企業は、当然ながら学生が就職に対して何を求めているかという学生の視点から、求職者に広報しているので、優秀な人材が数多く集まるようです。

次回は、「人材育成」についても考えて見たいと思います。

それでは、また、次回、お会いいたします。この辺りで、失礼いたします。