福島市の経営コンサルタント 社会保険労務士・中小企業診断士・経営管理修士(MBA) - わたなべ経営人事サポートオフィス(WKJサポートオフィス)

こんにちは。福島の中小企業診断士、社会保険労務士、「わたなべ経営人事サポートオフィス」の渡部誠(わたなべ まこと)です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)としての国の認定を受けるため、現在、東京の中小企業大学校に経営改善計画策定支援研修受講のために5月から通っています。

images1

弁護士、公認会計士、税理士の士業の方は、登録をすれば、認定支援機関として国の認定を受けられるのですが、残念ながら、我々中小企業診断士は原則として,3年以上の実務経験プラスある一定の条件をクリアしてしなければ、登録できません。ただ、中小企業大学校で研修を受講して、試験に合格すれば登録が可能という途もあります。

福島県内の中小企業診断士で経営革新等支援機関の認定を受けている診断士は5人しかおりません。そこで、今後の業務の拡大、及び専門領域の深化と差別化のために、何とか忙しい仕事の合間の中で、時間を捻出し、はるばる東京の中小企業大学校に通っているのです。

因みに登録までの道のりは次の通りです。

①経営改善計画策定支援研修(理論研修)を120時間受講→➁試験に合格→③経営改善計画策定支援研修(実践研修)を2日間受講→④試験に合格→⑤国に登録→⑥経営革新等支援機関として認定という流れになり、かなりの時間と労力がかかります。特に研修の受講後は、試験に合格しないと次のステップにはいけないので、肉体的にも精神的にも正直きついです。

私の場合は、一番時間と労力がかかる上記の➁までは、無事終了しました。来月(10月)に③と④に挑戦する予定ですが、何とかゴールが見えてきたところです。

ところで、理論研修を受講して驚いたのは、東北地方の士業の方は誰も受けていなかったことです。関東、東海地方の士業(中小企業診断士、弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士等)の方は来ていましたが、東北地方からは、私以外に誰も受けておりませんでした。地理的な問題があるにせよ、ちょっとがっかりしました。群馬県から、毎日車で東京の中小企業大学校まで通っている女性の方もおりました。

東北地方の士業の方、震災で経営上の助けを求めている経営者は数え切れないほどおります。もっと自分自身を向上させ、経営者に対して的確な支援ができるように頑張りましょう!

気になる試験の難易度ですが、理論研修の方は、普通に研修を受講し、テキストを勉強していれば、誰でも合格できるレベルだと思います。これ以上言うと、これから、受験する人は楽しみが半減すると思いますので、このくらいにしておきます。

但し、実践研修の方は、合格率が6割程度だそうで、ある程度落ちる試験だということは覚悟しておいた方が良いかもしれません。私も、できれば、年内に無事登録ができるようにこれから頑張ります。

皆さんこんにちは。

福島の わたなべ経営人事サポートオフィスの渡部誠(わたなべ まこと)です。

お久しぶりです。

しばらくぶりの投稿になりますが、しばしお付き合いください。

「たまには、温泉に行きたい」という関東地方にいる大学生の娘の要望を聞いて、どこがいいかなと思いきや、知人の勧めもあり、福島市の奥地にある幕川温泉 水戸屋旅館に娘と一緒に7月の初旬に行ってきました。

IMG_0755IMG_0647

ここの旅館は、福島県で一番高い所に(標高1,290メートル)にある老舗の旅館(明治9年開館)です。

東北新幹線の福島駅からバスで、1時間15分ほどかかります。今回は、マイカーで行ったのですが、実際、知人からの勧めがあるまでは、地元にいながら、その存在すら知りませんでした。

 

どんどんと車で山道を登っていくと、車が1台しか通れないような細い山道に行き当たり、突き当りに到着。行ってみて、ビックリです。

奥地も奥地で、まるで、未開の地にある温泉旅館。道中、キジにも出会いましたが、そこは、あたかも下界とは違う「異次元、非日常の世界」です。

IMG_0749   IMG_0753

 

 

 

 

 

 

行く前に知人からの話では、

①自然がきれい

②家庭的な料理

③旅館の2Fの展望風呂から眺める星は、まるで手に取るようにはっきりと見える(満天の星)

④温泉がすごい。特に青色の湯の露天風呂は絶対おすすめ

というものでした。

 

実際、泊まってみて

①ブナなどの森林に囲まれて、自然がきれい。朝になるとウグイスなどの鳥のさえずりで目が覚めるほどの本物の大自然が満喫できる。

②料理はボリューム満点で、食べきれないほど。暖かみのある素朴で家庭的な味わいの料理でした。水は、源流から流れる水を引いて使っていますが、味はまろやかで、朝のサービスのコーヒーは水が美味しいため、格別でした。

IMG_0776 (2)

③当日は、小雨が降っていて、星は見えず、検証できませんでした。(残念)

④内風呂が5つ。露天風呂が1つ。1Fの大浴場は、男女別に分かれていて、それぞれ、風呂が2つずつあります。湯の中には、湯花が非常に多く体の芯まで温まりました。2Fにある展望風呂はひょうたんの形をした樹齢800年の檜を使ったお風呂で、湯はいずれも源泉で、単純泉です。日ごろの疲れも取れて、最高でした。

 

IMG_0665IMG_0662IMG_0684

更に、メインの外の露天風呂は、混浴です。こちらも源泉で、内風呂とは違って、硫黄泉です。その日の気温によって、湯の色が変わる、珍しい露天風呂です。私が入った時のお湯は、青色ではなく、ミルク色のシルキーな感じで、ややぬるめのお湯でしたが、じっくり湯につかっていると、体が温まります。

IMG_0621IMG_0655

湯上りには、肌がすべすべになりました。娘も、もっちり、すべすべの肌になって、感激していました。この露天風呂は、絶対に女性におすすめです。

気になるお値段は、料理や部屋の種類によっても違いますが、私が泊まった値段は標準コースで1人当たり12,000円(税別)でした。

 

大自然と、ボリューム満点の料理、色々な温泉の湯も楽しめて、十分満足でした。

但し、満天の星が雨のために見られず残念です。(もう一度、再チャレンジかな)

 

みなさん、百聞は一見にしかず。一度、幕川温泉 秘境の湯 水戸屋旅館にためしに行ってみては、いかがですか?(但し、幕川温泉は冬季の11月上旬から4月上旬まで、雪で通行不能のため、それ以外の時期に期間限定で営業しているそうです。)

※実は、続編があります。水戸屋旅館の近くにある「幕滝」です。これが、ビックリ、物凄いのです。こちらは、次回のブログでご紹介いたします。

 

皆さんこんにちは。

福島で中小企業診断士(経営コンサルタント)、社会保険労務士をしているわたなべ経営人事サポートオフィスの渡部誠(わたなべ まこと)です。

 

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

終わってみれば、2015年もあっという間に過ぎ去って行きましたね。

そして、2016年も恐らくは、新幹線並みの速さで進行していくと思います。

 

近年は、社会環境、経済環境などの変化が速いために、とりわけ時間が過ぎるのが速く感じるのかもしれません。

私のような中年にとっては、時間の経過の速さは、20年前に比べておよそ2倍位の速さに感じます。

やっぱり、「日々1日、1日を大事に生きる」これが重要ですね。

 

さて、皆さまにとって、2015年はどういう年でしたか?

私にとっては、思い出深い年でした。

 

福島からはるばる上京し、昨年の3月まで経営の実務と理論の勉強のために、東京の法政大学の大学院で学生をしてました。それから、卒業と同時に3月末に地元の福島に戻ったのですが、戻った翌日から、家でダウンしてました。

咳が続いて、時々熱が出ていたので、てっきり風邪だと思っていたのですが、治ってはまた、症状がぶり返すので、病院に行ったところ、感染症の気管支炎との診断でした。

思えば、東京での単身での食生活と言ったら、毎日が大好きな400円の中華弁当をお昼に食べ、夜は肉食中心の生活をしていました。更に、忙しい学生生活のために運動不足となり、それが免疫力の低下をもたらしたのかと思っています。

とにかく、東京での学生生活は授業、経営診断実習、課題、レポート、プレゼン、卒論などに追われ、不規則で不健康な毎日でした。

やはり、健康が一番ですね。「健康が全てではないが、健康を失えば、全てを失う」という言葉が、病気になって改めて、その時は身にしみました。

そんな訳で当初の予定は福島に戻って、5月の連休明けには事務所を開設するつもりでした。しかし、それも叶わず、健康が回復し、開業の準備が整った2か月遅れの7月にやっと開業した次第なのです。

 

それから、開業時の苦労など紆余曲折はありました。開業して間もなくは、事務所の方も閑古鳥でしたが、日時が経過するにしたがって、お陰様で仕事の依頼も多くなり、いろいろな人との新たな出会いも毎日のようにあります。今は毎日が楽しく、充実しています。

これも、覚悟を決めて、身分と収入の安定している県庁の管理職を辞め、東京の大学院で勉強し、コンサルタントとして福島で独立したためだと思っています。

やはり人間、向上心と思い切った行動力、それに自分の未来に対する夢と覚悟があれば、何でもできます。

 

これからは、自分自信の利益ばかりでなく、私の尊敬する経営者の一人である京セラの名誉会長、稲盛和夫氏が言われている「利他の精神」で老骨に鞭を打ちながら、一生懸命、頑張っていきます。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

皆さんこんにちは。

福島で中小企業診断士(経営コンサルタント)、社会保険労務士をしている

「わたなべ経営人事サポートオフィス」の渡部誠(わたなべ まこと)です。

 

12月は忘年会シーズンですね。皆でお酒を飲む機会が多くなる時期ですが、お酒は飲みすぎず、ほどほどに飲むのが一番ですね。

 

実は、先日、飲み会があって、不覚にも大失態をしてしましました。

福島県庁時代にお付き合いのあったロンドン福島県人会の会長さんでワールド県人会の会長さんでもある方が、はるばるロンドンから福島に来るというので、あるNPO団体の人から、歓迎会への参加のお誘いを受けたのです。

その会長さんとも2年ぶりにお会いして、「渡部さん、久しぶりですね。今日は、徹底的に飲み明かしましょう!」と言われ、元来お酒好きの私ですから、結局、自制できなくて、終電過ぎの午前2時30分まで飲み明かしたのでした。

ところが、電車もないので、タクシーで帰ろうと思い、某駅のロッカーに預けておいた自宅の鍵の入ったバックを取りに行こうとしたのです。駅に行ってビックリ、駅の入り口はシャッターでふさがれて、中に入れなかったのです。今年の3月まで1年間東京で生活をしていたために、駅が閉まっているという感覚が、私にはなかったのです。それが、失敗の始まりでした。

仕方なく、始発が5時45分発なので、近くにあるカラオケボックスで一人でフィーバー(?)しながら、朝まで過ごしました。

朝の5時30分過ぎにようやく駅のシャッターが開いたので、ロッカーからバックを取り出し、始発の電車で自宅に帰りひと眠り。

目が覚めて、ビックリしました。家中捜しても、あるはずの財布とSuicaのカードがないのです。「もしかしたら、駅に落としたかもしれないし、あるいは電車の中で、失くしたかもしれない。」そう思って、駅に問い合わせをしたのですが「無い」ということだったので、仕方なく、警察署に遺失物の届出をしました。

幸いにもキャッシュカードや保険証などの大切な物は入っていなかったのですが、たまたま、その日は大金を所持していたのです。財布の中身はというと、現金で、22,000円(うち2,000円札が1枚)、VISAのギフトカードが5,000円×2枚、Suicaは9,000円ほどチャージしてあり、占めて41,000円ほどの大金でした。

IMG_0345

「誰かに拾われて、持っていかれたに違いない」と思い、ほとんどあきらめていたのですが、1週間後、忘れたころに警察署から遺失物が見つかったという連絡があったのです。「親切な人もいるものだ」と思い、警察署の担当の人に尋ねたら、駅のトイレで財布とSuicaの落し物があったので、たまたま駅員さんが見つけてくれたそうです。

でも、不思議なんです、駅のトイレには行った記憶はまるっきりないのです。しかも、財布の中身は2,000円札だけがなぜか、無くて、後は不思議にもそのままの状態で戻ってきたのでした。とにかく、財布とSuicaのカードが見つかって、感謝、感激です。「ありがとうございました。」

皆さん、飲みすぎ、忘れ物にはくれぐれも注意しましょう!

 

こんにちは。福島の中小企業診断士(経営コンサルタント)、社会保険労務士の渡部 誠(わたなべまこと)です。

先週の土曜日に、今を時めく作家、経営コンサルタントである神田昌典先生の「ライブコンサルティング」に東京まで行ってきました。

IMG_0236

神田先生と言えば、「日本のトップマーケッター」であり、2012年にはアマゾンの年間ビジネス書売上ランキングで1位を取った方ですよね。

神田先生は私が尊敬する経営コンサルタントの一人ですが、実はマーケティングと売り上げ拡大の勉強のため、神田先生の「実践アカデミー」会員に入っています。間近にお会いしたのは、これが3回目です。

「コンサルタントが、コンサルタントの会員になっているの?」と言われそうですが、能力のある人、カリスマ性のある人の周りには、経営者をはじめ、コンサルタントも大勢集まります。

例えば、あの「経営の神様」「マネジメントの父」言われる故ピーター・ドラッカー博士は、セミナー1時間当たりの報酬単価は、何と世界で一番高い4,000万円だったそうです。いわゆる付加価値が高いのでしょうね。それでもドラッカーの高額セミナーには、世界中の経営者やコンサルタントが勉強のため飛行機を利用して、はるばるやって来たそうです。

話はそれましたが、神田さんのセミナーにも全国の経営者やコンサルタントがやって来ました。

セミナーでは、いろいろな経営者やコンサルタントの人からの質問をテキパキと答えていました。中には、ある経営者からこんな質問もありました。「○○○○○の事業をやりたいのですが、200億円足りません。どうやったら、200億円調達できますか?」神田先生の回答は、「もう勝手にやってちょうだい。そんなうまい方法があるならとっくに私がやっていますよ。」てなユーモラスな感じですが、面倒見がいいんですね。そのあと真剣にアドバイスしていました。

ほんと、あのクライアントに接する真摯な態度は、自分も見習わなければと思いました。

神田先生は、本を書くときにアイデアが浮かばない場合、寝る前にコップ一杯の水をのみながら、自分に対してこう言うそうです。「この水を飲めば、潜在意識に到達し、明日の朝いい考えが必ずや私に浮かんで来る。」そしたら、「その通りになり、必要なアイデアが沸いてくるから不思議です。」と言っていました。

つまり、理論的な分析力や判断力を司る「左脳」の力ばかりではなく、直感とかひらめき、イメージなどを司っている「右脳」や「潜在意識」の力を活用しているのでしょう。人間の脳は普通10%も活用されていないと言われます。やはり、「右脳」の力を利用することにより、奥底にある「潜在意識」を味方につけているのかもしれません。

この考えは、ビジネス、勉強などのあらゆる分野でも利用できると思います。「左脳」の力には限界があります。例えば、1+1=2が「左脳」の力ですが、「右脳」や「潜在意識」の力は、1+1=≧3 にもなるのです。

 

みなさんも「左脳」ばかりでなく、「右脳」、「潜在意識」の力を利用してビジネスの種である質の高いアイデアを豊富に勝ち得てみませんか?

最後に神田先生の作品の中から私が推薦する本などです。

1  売上拡大、経営改善の本

・「60分間企業ダントツプロジェクト」  経営改善に役に立ちます

・「禁断のセールスコピーライティング」 言葉の力で、売り上げアップ

・「成功者の告白」  成功の裏には闇があるという小説です

 

2  右脳を鍛えるための本など

・「全脳思考」  クリエイテイブな思考方法を身に付けたい方にお勧め

・「ストリー思考」  新たな目標達成方法です

・「ジーニアスコード」  自分の中の「天才」を呼び起こすためのCDです

 

それでは、この辺りで失礼いたします。